院長紹介

ごあいさつ

この度、京橋駅すぐ近くにゆたかクリニックを開院いたしました。
私は、大阪医科大学附属病院、泌尿器科医局員として、約13年間、大学病院をはじめ、大阪府済生会中津病院、市立ひらかた病院、などで一般泌尿器科に従事して参りました。
また、生殖医療専攻医としては、micro-TESEにおいては世界で最多の手術数を誇る施設にて、男性不妊治療のみならず、女性不妊治療も経験し、野崎徳州会病院、生駒市立病院、両病院の不妊治療センター長を務めて参りました。

これまでの豊富な臨床経験を生かし、高度な医療技術と共に、わかりやすい説明を心がけ、皆様の健康管理に全力を注いで参ります。

クリニックの特徴の一つに、男性不妊治療があります。
多くの不妊治療のクリニックでは、まず女性が受診することから始まります。
しかし、私はそれが男性から始まって欲しいと思っています。
なぜなら、男性の検査は、女性に比べ、治療費の負担や、精神的な負担も少ないからです。まず、精液検査から始まり、それには、全く痛みが伴いません。
もちろん、うまく射精が出来ない方もいらっしゃいますので、ED治療も積極的に行っております。
男性患者の皆さんが不安やストレスを感じることなく受診して頂けるように、男性看護師も加え、チーム一丸となって、出来る限り自然妊娠にこだわった、そんな治療を行って参ります。

過去多くの患者さまを診させて頂きまして、患者さまの「今まで」と「これから」の人生を考えた診察・治療が 大事であると考えております。今日、医療技術は想像もつかないほど速いスピードで進歩しています。患者さまにとって、より良い医療を提供できるように、修行を欠かさず邁進していく所存です。

高校、浪人、大学を通し、約10年間ラグビー部に所属しました。決してスター選手ではなく、怪我も多く、地味なポジションでコツコツとひたむきにやってきました。そんな精神が必ず活かされると思っております。

今、ここで、皆さんに寄り添います。
皆さまが健康であり続けられるように、スタッフ一同でタックを組み、全力を尽くします。

大阪京橋ゆたかクリニック
院長 藤末 裕

経歴

2004 大阪医科大学卒業
2006 大阪医科大学附属病院 泌尿器科入局
2007 枚方市民病院
2010 大阪医科大学附属病院 助教(准)
2011 大阪医科大学附属病院 助教
2012 大阪府済生会中津病院
2015 リプロダクションクリニック大阪 生殖医療専攻医
2016 生駒市立病院・野崎徳洲会病院 リプロダクションセンター長

資格

泌尿器科専門医・指導医
医学博士

所属学会

日本泌尿器科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科学会
日本性科学会
日本性機能学会
日本アンドロロジー学会
日本抗加齢医学会

海外提携病院

バンコクIVFセンター
ホームページに当院の不妊治療やセックスカウンセリングについての記事が掲載されています。