初めての方へ

初めての方へ

泌尿器科はどんな症状・病気の時にいけばいいの?という方は多くいらっしゃいます。泌尿器科は、おしっこが通る、腎臓や尿管、膀胱、尿道などの悩みや病気を専門に診るところです(男性の場合:前立腺、精巣、EDも含む)。
当院ではその他専門的な診療として「男性不妊治療」にも取り組んでおります。普段なかなか人に相談できないようなお悩みをお持ちの方、お気軽に当院までご相談ください。

 

泌尿器科の専門医が専門的知識と豊かな経験を元に診療を行います。
ご納得いただけるまで丁寧にご説明をし、患者様一人ひとりの症状に合った、最適な検査や診療を行います。ご不明な点、不安点、お悩みのことがありましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

当院はJR・京阪・地下鉄の京橋駅のすぐ近くにあるのでアクセスが便利です。
朝9時から診療が始まり、最終は夜8時まで受付をしていますので、お勤め帰りなどライフスタイルに合わせてご都合の良い日時にご来院ください。

不妊に悩むカップルの男性側の診察です。主な検査項目としては、身体検査(超音波検査)、血液検査、精液検査になります。痛み等の無い検査になります。
男性のための専用の検査スペースを設けており、気軽に受診していただけるよう、細かく配慮しています。

詳しくはこちら

採取した精液、またその中の精子の状態を観察することによって、不妊につながる原因があるかどうかを判断します。
血液や膿が混ざっていないか、色は悪くないか、精液の量や濃度、精子の生存率や運動率や奇形率、白血球数やpHなどの数値はどうかなどをチェックします。目視だけでなく顕微鏡を用いたり、観察しやすいように精子を染色したりして検査します。
出勤前の早朝の採精は、精神的にも体力的にも厳しいものです。なるべく負担なく自然な精液検査が出来るように、お仕事帰りの夜診をご予約いただけます。

詳しくはこちら

ED(勃起障害)は誰でも起こり得る症状であり、加齢とともに増加する傾向があります。プライバシー完全配慮で、適切で速やかな診療を行います。
性生活を豊かにすることは、とても役立ちます。恥ずかしがらず、お気軽にご相談ください。男性看護師も診察に加わっておりますので、リラックスしてお越しください。

詳しくはこちら

長年の経験を通して、幅広い分野の診療を行っております。気になる症状やどこに相談していいのか分からないような症状など、お気軽にご確認くださいませ。往診も行っておりますのでご遠慮なくお申し付けください。

詳しくはこちら

 

 

初診のながれ

 

 

1. 受付

まずは受付で健康保険証をご提出ください。その際、保険証のコピーをさせていただきます。他院からの紹介状や、お薬手帳、健康診断の結果などをお持ちの方は一緒にお出しください。

男性不妊治療をご希望の方はこちら

2. 問診票の記入

受付で問診表をお渡しします。
問診表に必要事項を記載の上、受付スタッフにお渡し下さい。ご記入が困難な方や特別具合の悪い方は受付スタッフまでお申し出ください。

 

3. 尿検査

検尿コップをお渡ししますので、トイレで採尿をしてください。トイレ内には、小さな扉がありますの
で、そこにコップをそっと置いてください。
原則的に中間尿(出始めでなく、途中からの尿)を採取してください。
※症状等により出始めの尿を採取していただく時があります。

 

4. 医師による診療

名前をお呼びしますので診察室へお入りください。
診察は、問診・尿検査を行ない、腹部の診察が必要な場合は、スタッフがしっかりと配慮して、診療いたしますのでご安心ください。

 

5. 必要に応じて検査

診察の結果、必要に応じてエコーやレントゲン膀胱鏡などより詳しい検査を行う場合もございます。

 

6. 診断と次回の予約

検査結果をもとに診断を行います。
診療終了後、そのまま診察室にて次回のご予約をとります。

 

7. お会計

診療終了後、お薬又は処方箋をお渡しいたします。
処方箋を受け取られた方は、院外調剤薬局にて薬をお受け取りください。基本的には院内処方を行っておりますので、薬局に行く手間がはぶけ、お薬代も抑えることができます。